2011年04月02日

半減期

チェルノブイリの原発事故が発生したのが'86年。
今西側国に8億ドルの援助をもちかけて施設を覆う新しいシェルターの建設を検討中だそうですが100年しかもたないみたい。
プルトニウムの半減期は24,000年。
つまり24,000年経っても半分が残っていると言うことです。
24年じゃなくて、2万4000年です。半減期が。
チャラにするには48,000年!


要するにひどい原発事故が発生した場所では永遠に住めないということ。

エジプトの時代よりさらに24倍ほど時代が遡って、その間ずっと子孫達に「あそこには魔物がいる」と言われ続ける禁断の地。


posted by ミノ吉⇔ミノール at 11:18| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする