2011年10月02日

箱根ターンパイクヒルクライム2011

ターンパイクのヒルクライムに参加してきました。
メンバーは、M町さん、ゆこぱん、私。
結果ですが、私は50分で一般で20位。ユコパンは一般で優勝。M町さんは?で一時間。
M町さんは脚関節の怪我の手術からの復帰戦。いきなり1時間とは驚きました。
またユコパンはいつもの通り(?)優勝。さすが。でかいトロフィもらいました。また副賞のカップラーメンを12個(^_^;)も。

さてレース内容ですがいきなりずっと7,8%ほどの坂を登らされます。最初から飛ばすか押さえるか・・・。私の場合は心拍をそこそこ保って登りました。後半からはもっと心拍を上げていっていい感じでフィニッシュ。
体調が復活しているのか心拍も普通以上に上がりうれしい限り。
結果はともかくレースを走ったという感覚がよみがえってきました。
ほんと心拍が上がらないレースは精神的につらいですから。

頂上では山梨のG蕃さんやナルシマのメンバーに会えていつもの通りに話を1時間以上してしまいました。
話をしていると今回もいろいろなレースへの感想がありました。満足できた人できない人。
満足できなかった人も完走したならいいじゃないですか・・と一応思いますが。

「こんなくそなタイム」とか言っていた人もいましたが、次回は怪我、病気、レースへのモチベーション、仕事の残業・ストレスもあまりなく、休日出勤もなく、家族がレース参加を認め、練習を一定期間積み、レース前の晩に良く眠れ、そして当日体調のバイオなリズムが合ってメカトラもないという幸運に恵まれたならきっと良い記録につながるかと思います。
そうでないなら現在の自分の記録にそれなりに感謝するべきだと思うのですがねぇ

posted by ミノ吉⇔ミノール at 23:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。